不動産登記

不動産登記(ふどうさんとうき)は、
不動産(土地及び建物)の物理的現況と権利関係を
公示するために作られた登記簿に登記することをいいます。

土地と建物につきそれぞれ独立した登記簿が存在し
(区分所有の例外あり)、登記事項も若干異なります。

不動産登記は、民法・不動産登記法及びその他
政令等によって規律されます。

不動産登記の事務は、登記所(法務局)において
登記官が行います(法6条、9条)。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。